パートナー感謝祭を開催しました。

サンサンの日

3月3日はサンサンの日。
毎年多くのパートナー様をお迎えして感謝祭を開催しています。

毎年3月3日(サンサンの日)近くに行われる感謝祭。
2014年3月2日に開催されたパートナー感謝祭の様子をご紹介します。

500名近いパートナー様を招待して開催致しました。

500名近いパートナー様を招待して開催致しました。

今回は宜野湾市ラグナガーデンホテル内にて、大規模システム設置のパートナー様を中心にお招きしてディナー形式で開催されました。

冒頭からメインイベント

冒頭からメインイベント!

開会後、役員と営業社員の紹介、宜野湾市長の佐喜真淳様よりご挨拶頂きました。そして乾杯から歓談へと移り、会場のプロジェクターに映し出されたのは、「津嘉山貞雄物語」。日進の名物社長、津嘉山が「美ゅら架台」を開発するエピソードをドラマ化したものです。これは仕事に対して決して決して妥協しない津嘉山のスピリットを、日進の哲学として社員に受け継いでもらうために制作したものですが、(内輪の感想ながら)結構面白く出来上がっているので、公開させて頂きました。

日進の成長とパートナーシップ

日進の成長とパートナーシップ

専務の前浜から。売上推移と設置件数の報告をさせて頂きました。2011年の売上に比べ。2014年見込額(受注ベース)の6倍近い伸び率に会場からは拍手がありました。また、今回の感謝祭には日進とともに事業を進めるパートナー企業様にお越しいただき、プレゼンテーションもして頂きました。パナソニックリビング九州株式会社様からは「パナソニックリファインショップ」のご説明と認定式。株式会社メディオテック様からは、「美らパワーシリーズ」とセットにしたHEMSのご説明。ネクストアンドエナジー様からは、沖縄の台風の風圧に耐えることができる太陽光パネルが完成したことなどをお話いただき、日進とパートナー企業様との協力体制が、しっかりと組まれていることが感じられました。

未来に広がる日進のビジョン

未来に広がる日進のビジョン

津嘉山より発表があったのが「日進のビジョン」。合理的な資材と工法を用いたハイブリッド建築の住宅に、大きめの太陽光発電システムを載をのせ、HEMSによるエネルギー管理と家電の遠隔操作、Bハイブリッドを組み合わせることによって実現するスマートハウスのプラン。太陽光発電やスマートハウスを中心に、日進グループが提供するホームサービスやマリンレジャー、農園事業、そして3年後に病院をつくる高層で進めている健康サポートなどのサービスによって、パートナー様のスマートライフを構築していくというビジョンです。

エンターテイメントで盛り上がるステージ

エンターテイメントで盛り上がるステージ

お笑い芸人のじゅん選手によるうちなーぐちのコント、歌いながら会場を練り歩く我らが元ちゃんこと、前川守賢さん。そして最後は北谷町謝苅青年会の勇壮なエイサーで締めくくり、感謝祭は大盛り上がりのうちに幕を閉じました。 また来年も多くのパートナー企業様をお招きして、もっと盛り上がる感謝祭を開催できることを願っています。