メンテナンス

メンテナンス

長時間の発電を支える重要なメンテナンス。経験豊かなメンテナンススタッフがお客様の太陽光発電をサポートします。

長時間の発電を支える重要なメンテナンス。日進ホールディングスではメーカーの長期保証とあわせて、パネル出力や変換能力など、設置時から高いパフォーマンスを長い期間持続できるように、当社にて太陽光発電システム設置のお客様には、定期的な点検を無料で行っています。(10年目以降は有料)
機器の故障はもちろん、大型台風などの自然災害にも安心できるよう、経験豊かなメンテナンススタッフがお客様の太陽光発電をサポートします。

  • メンテナンス風景01
  • メンテナンス風景02

日進ホールディングスでは設置してからが、長いお付き合いの始まりだと考え、安定した発電を安心してご利用いただけるよう、メンテナンスを重視しています。
また当社設置の愛用校発電システムに限らずメンテンナンスを行っていますおで、様々なノウハウの蓄積にも繋がっています。

メンテナンス部のブログはこちら

点検スケジュール

設置3ヶ月目と1年目、そして3年目以降は2年に1回、メンテナンススタッフが設置状況を確認してお客様に報告します。

点検スケジュール

点検項目

点検結果を詳細にご報告致します。

  • 太陽電池モジュールの点検
  • ケーブル接続部分の点検
  • 架台ボルトの接合部の点検
  • 接続箱の点検
  • パワーコンディショナーの点検
  • 発電量の点検
  • 分電盤の点検
  • モニターの点検 など

点検結果例

メンテナンス事例

事例1. 台風に寄るパネル破損時の修繕対応
パネルが破損してしまった!
台風通過後、お客様からパワーコンディショナーにエラーが出ているとの連絡があり、確認すると、パネルが割れてしまっていて、割れた部分から漏電してしまっていたという状況でした。
  • メンテナンス事例01_状況01
  • メンテナンス事例01_状況02
パネルの取り替えを行いました。
台風の影響で、モジュールに何か物が当たってしまい割れている状況でしたので、モジュールの取り換えを行い、修繕しました。
  • メンテナンス事例01_対応01
事例2. 経年によるサビ修復対応
架台にサビが・・・
約8~9年使用した架台の様子で、メンテナンスにお伺いした際に若干サビが確認されました。長期間使用すると、どうしても水が流れる部分には出てきてしまうようです。
  • メンテナンス事例02_状況01
  • メンテナンス事例02_状況02
表面のサビを除去し、ローバル(錆止め)を塗布
どちらの案件も表面のみが茶色くなってしまっている状況であったので、表面のサビを除去してローバル(錆止め)を塗って対応しました。
※現在販売している架台については、写真に写っている架台の鋼材とは違う材質のものを使用していて、さらに錆に強くなっています。
  • メンテナンス事例02_対応01
  • メンテナンス事例02_対応02

カスタマーサービス(お客様相談窓口)

カスタマーサビスを設置していますので、定期点検に関わらず、太陽光発電に関するご質問やご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせいただけます。

フリーダイヤル 0120-14-3339